◆ 逆子の施術

 

逆子の治療は28周から最大36週までお受けいたします。

 

初診での週数により変わりますが、一週間に1回の治療となっています。

 

医師の許可(口頭で可)をいただいてきていただけると安心です。

一般的に『逆子』が問題となってくるのは、28週以降とされています。

 

この時期に治療をスタートしていただくと、頭位になる確率が高いですので、

28週以降わかりしだいご連絡ください。

 

 ●これまでの逆子の経過(いつから逆子か)についてお尋ねします。

 ●産科医師からのアドバイス(胎盤付着位置、臍帯の関係、胎児の位置など)

 もありましたらお伝えください。

 

●「冷え」「ストレス(考えすぎ悩みすぎ)」「過労」などが逆子の原因として考えられています。

 

 ●しかしながら、物理的な原因

 

 子宮の形態異常(双角子宮等)、多胎、前置胎盤、低位胎盤、羊水過少、子宮筋腫、臍帯過短、

 臍帯巻絡 などもありえます。

 

 これらがわかっている場合、「赤ちゃんが回ることが難しい」状態と考えられるため、

 承ることができません。

 

「妊娠中の身体を整える、諸症状の改善」の施術はできます。医師に許可を得てご予約ください。)

 

 ※臍帯などは妊娠中に分らない方も多く、帝王切開をして臍帯が巻き付いていたことがわかった

 方もいらっしゃいます。

 

この様な場合でも、『逆子のお灸』は逆子のためだけのお灸ではなく、『よりよい妊娠継続のため』

『妊娠中のマイナートラブルの改善』等 身体づくりの手助けになりますのでぜひお灸を生活に取り

入れてみて下さい。

◆逆子の症例

 

転帰不明の方、ここに書いて無い症例もあります。

 

(施術後に、報告をお願い致しております。今後の施術のご案内やこれからの治療をよりよくしていくためご協力をお願いします。報告や、今後の施術の強制などはしておりません)

 

 ご自宅での施灸の方法もおつたえしています。

2017年1月  20代 第一子

初診  29w0d    2診目 30w0d    (30w2d 病院で頭位確認)

使った主なツボ・活法

合谷R 曲泉R    陽陵泉 R

骨盤回し

 

「横子(おうし)」と病院で言われた。

自覚症状はあまりないようでしたが、触れてみた感じでは肩の凝りがかなりあった。

また頭痛も時々あるということで

自覚症状はないもののやはり肩こりが影響しているのではと考え、

肩の症状・お腹の硬さをみて選穴。

 

28w~になると医師から逆子について改めてお話をされる方が多いようです。

そのあと早めに来て下さったこともとてもよかったと思います。

 

 

2016年10月 30代 第1子

 

 

初診30w3d 

 

 他の症状なし 

 

活法・三陰交・至陰・肩甲骨上角

 

経過

 

30w5d で、健診にて頭位確認。

 

 

 

まとめ

 

22wで逆子・26Wで頭位・28wで逆子とまわっていた様子。

自覚症状はないものの、少し肩の張りもあった。

 

その後、検診で確認はしていないものの一度また逆子になった感じがあり

心配されていたが2回目の施術後、頭位を確認でき安心した、

 

逆子になってからそれほど日にちが経っていなかったこと、

普段から身体を整えていらっしゃる方で

不調がほとんど無かったということで頭位になってくれる可能性も大きかったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月 30代 第3子

 

 

初診36w3d 

 

 むくみ 肩こり 

 

活法・三陰交・至陰 

 

 

経過

 

37w2d で、ご自身で頭位になったのを感じたとご連絡いただく。

検診で確認できるまで2日あったので、再逆子予防のためにもお灸を続けていただく。

 

➡検診で頭位確認。37w4d

 

 

まとめ

 

第1子2子の時も逆子で、30w~で自然に戻った経験があるとのこと。

お腹も柔らかく、不調も少ない方でした。

臍帯・羊水など医師から確認もしており、週数は進んでいましたが安心して施術をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

2016年9月 30代 第3子

 

 

 初診 28w2d 

 2診目 29w4d

  足のつり むくみ 肩こり  尾骨のあたりの痛み

 

  

経過

 

30w1dで頭位確認

 

ご自身では変わった感じが全く分からない・・と不安のようでしたが、

初診から検診まで2週間あったため

一週間後にもう一度施術しました。

 

 

 

まとめ

 逆子施術開始としては最適の時期に依頼をいただきました。

小さいお子さんがいらっしゃりながらもお灸や生活養生を続けていただき変化してくれました。

 

足のつりは少しあるようですが、回数は減ったとのことです。

腰のあたりの症状もありましたので、骨盤、大腰筋に対しても調整の意味で施術しました。

 


2016年4月 20代 第一子

 

初診30w2d 2回目 31w0d

 

むくみ 肩こり 腰痛 便秘

 

経過

1回目後、左右の向きはかわるが骨盤位のまま。

2回目のあとの検診にて、臍帯巻絡の可能性を医師より指摘されたため、

逆子のお灸施術は終了。

 

まとめ

 

臍帯巻絡と比較的早く指摘してもらえたのは良かったかもしれません。

 

 

 

 

 


2016年2月 20代 第一子

 

初診 29w1d

28wで逆子

貧血

 

 

経過

 

頭位確認(30w2d)

 

まとめ

28w~逆子が問題になってくるといわれており、それまでは頭位だったのか、逆子が続いていたのか分からない方も多いです。(お医者さんによるようです。)

 

とてもまじめな方で色々心配もされていましたが、身体の状態はとてもよく、冷えもひどくなくお腹も張っていませんでした。一時期は張り止めも処方されていたようでしたが、その時もお友達とおしゃべりを楽しんだりしていると、気持ちがとてもリラックスしてお腹の張りも少なくなっている気がする、とお話しされていたのが印象に残っています。

 

 

 

 


2016年1月 30代  第二子

 

初診28w

4w前に逆子

 

肩こり

 

経過

頭位確認 (32w0d)

 

まとめ

 

お腹がおおきくなってくると眠りが浅くて。。という方が多いのですが、お家でお灸を続けることでぐっすり

眠れるようになりましたとの報告もいただけました。

足先の冷えがとても強かったのですが、続けていくうちにお灸の熱感を早く感じられるなどの変化もあったと

のことです。

 

 

 

 


2015年  30代 第2子

 

初診 27w5d  再逆子 (30w1d)

 

 

経過

臍帯短め 羊水少な目と指摘を受けていた。

第一子も逆子。(VBAC予定)

 

初診より2日後頭位確認。(28w0d)

再度逆子になったと連絡あり。(29w4d)

 

2回目施術 (30w1d) 頭位確認(30w6d)

 

頭位で妊娠継続、ご出産

 

 

まとめ

お一人目のお子さんも逆子で、今回はととても丁寧にご自分の身体をみられていました。

そのため初診の依頼も早かったのですが、身体づくりのためにもということで始めました。

再度逆子になったのこともご自分で気づかれ、病院で確認、2回目の施術依頼をくださいました。

 

お灸だけでなく、生活養生もご自分で早くから実践されて身体づくりをされたのが

良かったのだと感じます。

 

 

お灸や生活養生で身体を整えている方は、トラブルも少ないようです。

(妊娠中なので、むくみゼロ腰痛ゼロ!というわけにはいきませんが・・)少しでも快適に過ごすためにお灸を取り入れていただけたらと思います。

 

 

 


2015年9月 20代 第一子

 

初診 31w0d

 

お腹の張り むくみ

 

経過

初診当日午後の検診にて頭位確認。

 

まとめ

鍼灸治療の経験はあるということもあり、頭位確認後も、全身のだるさ、むかむか感、肩こりのため来院。

頭位のまま出産を迎えることができました。

 

 

 

 


2015年9月 碧南市M様 第一子

 

初診35w3d

28wで一度頭位になり、31wで再逆子・・その後来院

 

他に腰痛 むくみ 足のつり 

 

経過

頭位確認 36w2d

 

 

まとめ

 

帝王切開の日が決定してからのご予約でした。

【ダメもとだけど、できるだけのことはしたくて】という気持ちをお話ししてくれました

 

ご連絡をいただいた中で、一番出産日が迫っていた方の症例です。

逆子で受けていただく方のなかでは足の冷えはあまり無いと感じました。

 

 

7月から10月ごろは逆子の方の問い合わせが増える時期です。

そして、帝王切開の日をそろそろ決めないと・・と病院から言われて慌てて【ダメもとで】と

お灸を希望される方もまた多くいらっしゃいます。

 

この方のように、週数が進んでも頭位に戻ってくれる子もいますが、やはり確率で言うと週数早め、

逆子になって日にちが経っていない方のほうが高いです。

 

お灸は【逆子】にたいしてしか効かないものではありません。

よりよい妊娠継続のための体調管理にもお役に立てますので、ぜひお早めにご相談ください。

 

 

 

 

 

 


2015年12月 岡崎市W様 第二子

 

初診 34w6d

26w逆子 28w頭位 30w逆子

 

腰痛 張り止め処方 切迫流産にて安静指示の時期もあり

 

経過

骨盤位から変化せず。帝王切開にてご出産

 

まとめ

医師の許可を得て施術。

ご出産後も、逆子であった理由がわかりませんでした。

もう少し早ければ・・?という気持ちもありますが

張りも強く安静が第一だったので、無理をせず安全にご出産ができたことが一番ではないかと思いました。

 

 

 


2015年8月  安城市Y様 第2子

 

初診34w

 

4w前から骨盤位

もともと便秘がち 肩こり 鼠けい部の痛み

 

 

経過

検診により頭位確認(34w6d)

 

まとめ

 

デスクワークの仕事での慢性的な肩こりがみられましたので、肩こりに対しても施術。

4w前から逆子ということで、ちょっと時間がたってしまっているかと心配したのですが

一回の施術で戻ってくれました。 

 

産休に入り、忙しさが減ったこと、上のお子さんがいるとなかなか家でのお灸も難しいですが時間をみつけ

続けてくださったようです。

 

 

 

 


2014年8月  安城市K様  第一子

 

初診 34w

 

28wくらいから逆子

張り止め処方あり

 

貧血 腰痛

 

経過

検診のときも骨盤位だったため、外回転術をうけ頭位に。ご出産。

 

 

まとめ

張り止めが出ており、一日4回必ず飲むということで、やはりお腹は張り気味でした。

施術後も少しはやわかくなった程度で、張った状態でした。

検診で、外回転術をうけ頭位に変化。ご出産

 

※医師からお灸をすすめられたとのことで、張り止め処方されている方でもお灸をしました。

 

 

 

 

2014年7月   岡崎市S様  第一子

 

初診 34w1d  

 

29wより骨盤位確認

他に 便秘 むくみ 腰痛

 

経過

検診により頭位確認(34w6d)

 

まとめ

つわりもほとんどなく、とても順調な経過だったそうです。

施術の前日にお仕事が産休に入られたということも、よいタイミングだったと感じます。

 

 

 

 


2014年12月   岡崎市O様 第一子

 

初診 30w3d   2回目 35w1d

 

28wで骨盤位確認。最初からずっと逆子だったかも。

足のつり むくみ 便秘

 

経過

検診により頭位確認(35w?d)

 

まとめ

産休まで体力的にハードめなお仕事をされていました。

お灸を続け、便秘や足のつりが改善。

初診と2回目の間に、一度頭位になった感覚があったとのことですがその直近の検診では骨盤位。

 

頭位にはなりましたが、その後羊水が少なめということで帝王切開にてご出産。

 

 

 

 

2014年8月   安城市T様 第一子

 

初診 33w3d

 

26wより骨盤位確認。

他にむくみ、疲れやすい、腰痛。

 

 

経過

 

施灸時に胎動が多くなり、反応がよかったものの左右の向きにしか変わりませんでした。

逆子のお灸として3回の施術をさせていただきましたが、

これ以降も体調を整える、よりよい妊娠の継続のためのお灸を受けていただきました。

 

帝王切開となりましたが、この時に臍帯が胎児の首に巻き付いていたとわかったそうです。

 

 

まとめ

 

逆子の改善希望の方には、逆子のお灸は3回までとお伝えしています。

(頭位に戻ってくれる子はだいたい1、2回の施術でかわります。)

インターネットで逆子について色々調べとても悩んでいたようですが、

施術中に色々お話ししていて、OPEの予定日が近づくにつれ気持ちも落ち着き

出産へ気持ちが向かわれた様子になりとてもよかったと思っています。

 

 

 

 


2013年7月 知立市M様 第3子

 

初診 31w1d

 

 

28w5dより骨盤位

 

他に腰痛 むくみ 

妊娠前から便秘

 

経過

頭位確認(33w)

 

まとめ

骨盤位がわかってから比較的早めに施術を受けてくださったおかげか一回の施術で

戻ってくれました。

妊娠前からあった便秘も、お灸・生活養生にて改善されたと喜んでお話ししてくださったのが印象に残っています。

 

 

 

 


2013年 額田郡幸田町 S様 第一子

 

初診 31w0d

 

冷え、下肢のむくみ、腰痛

 

経過

初診の3日後、頭位確認

その7日後に再び骨盤位

 

帝王切開にてご出産

 

 

 

まとめ

お仕事柄、妊娠主産の知識のあるかたで、なんとかして頭位になってほしい、という気持ちも強く

お灸や生活養生もずっと気を付けてくださいました。

一度は頭位になったものの、その後再び骨盤位になりご出産されました。

骨盤に赤ちゃんのお尻がはまっていた、との報告をいただきました。