腕~手の症状

2017年10月 安城市 50代女性

  

主 腕を上げるのが辛い

他 鼠径部痛 肩こり

 

 

五十肩の残り、のような症状があり当院へかかられたことのあるご家族のすすめでご来院。

 

2年ほど前に五十肩(特に左の症状が強かった)。半年で痛みはひいたものの、両腕を上げるときに辛い。特に右が上がらず、外転90度程度。鼠径部の痛みは一か月前から常にドンとした痛みが続いている。

原因は思い当たらない。

 

 

 

 

 経穴(主なもの)

 

 

 

申脈 曲泉 承山 足太陽 T2(1) T3(1) T5(1) 全てR

恥骨導引  骨盤回し

 

経過

初診の際には右腕を上げるときの痛み(外転80~90度)を強く訴えていたが、左も外転100度程度と上がらなかった。

背中全体がかたく、また肩甲骨のあたりも凝る感じがあるということで背中全体をゆるめる施術をした。

他に肩関節 脊柱 股関節の連動を整えるツボに鍼をした。

 

訴えの強い右のほうが硬さなどの反応もあり、右を中心に施術をしたが、施術後左の腕も上がるようになっていた。左右ともにほぼ真上まで上がった。

痛みが出ない程度までは日常でも動かしていただくよう伝えた。

 

そけいぶ痛については、何をしていなくても常にドンとした痛みがある。原因は特に思い当たらない。下腹部、恥骨に関係するツボと活法をした。

 

2診目(2日後)再発は無いことを確認(腕・鼠径部)したが、背伸びして手を伸ばして上にあるものを取る時に痛むことに気づいた。背伸びをしなければ、腕を上げても痛くない。

背伸びをして物を取る時は、ふくらはぎに力が入ったり、首を傾けた姿勢になることを参考にし、首のあたりが硬さがあるところをとるツボ(背中)に鍼をした。

施術後痛みが無いことを確認。

 

 

 

まとめ

左側のツボをとることはなかったが、左右ともに改善した。

右が大きく動かせるようになったことで、背中や脊柱の動きもよくなり左側へも良い影響を与えたのではないかと思う。

 

 日常生活での支障をひどく感じるほどではなかったが、施術後から痛みがでない無理のない範囲では動いていただけたこと。初診から2日後に2診目に来ていただいたこともよい方向へむかう助けになったと考えられる。

 

 

 

2016年10月 豊田市 50代女性

 

主 手の指のこわばり 胸の痛み(神経痛?)

他 肩こり 頸凝り 立っていると腰が痛くなる

 

 

経過

 

 

手の指のこわばりは、刺鍼後すぐに変化を感じた。

今回は施術の流れもあり、左指のみを目的にしたが、手の色が変わるくらい変化もあり

右に比べむくんだような感じもとれた。

胸の痛みも施術後減っていた。

 

経穴(主なもの)

肩甲骨上角  T2(1)T3(1)

肩甲骨内縁  志室(L)

膝根RL    大腰L   曲池

 

 

まとめ

仕事柄(重い物を運んだり、手を使う細かい作業)手の全部の指がこわばる(特に朝)、

肋間神経痛(?)のような痛みが主訴。

 

他の様々な症状、すべて左>右。

背中をみてみるとC7~肩甲間部 のあちこちに硬さがみられた。

 

骨盤の高さは左が高く腰の痛みは仙腸関節付近、ということで仙骨や身体の軸と関係がある場所へ刺鍼。

 

お仕事で普段している動作が原因だと考えられる。

お仕事を減らすとか癖を治すといったことは難しいが

前回の症状(2016年8月 頭痛)は、施術後2~3日ですっきり取れ再発はないとのこと。

 

上半身の症状が今回は主だったが、腰や身体全体をみることで様々な症状が

減っていくのではないかと思いました。

 

 

 

 


 

 

2016年9月 安城市 30代女性

 

主 肩こり 全体のだるさ 

他 左ばね指  膝の違和感

 

 

経過

ばね指の違和感はその場で消失。

膝の違和感は、施術後立ったりしゃがんだりで確認、気にならなくなった。

 

 

 

経穴(主なもの)

肩甲骨上角・内縁

T3(1) T5(1)  内膝裏(R) 外膝裏(L)

 

骨盤回し

 

 

まとめ

 

 

昔していた運動が原因でばね指になって、子育て中の疲れや動きで再発。

痛みではなく、ご本人も気になる、ということであったが、肩こりやだるさにも

つながっていると思い施術。

小さいお子さんがいらっしゃり、なかなか運動やちょっとしたストレッチなども

できないなか、ホッとする時間とともに、変化を感じられてよかった。

 

 

 


 

 

2016年7月 岡崎市 30代女性

 

主 指の痛み(R中指DIP PIP)

他 肩こり 頸凝り 肌荒れ 

 

経過

最初手の甲にあるところへ鍼したところあまり変化がなかったため、症状がでたのが一日前だったこともあり

もう一度手にあるほかの経穴へ刺鍼。

痛みが無くなり、スムーズに動くようになった。

 

 

経穴(主なもの)

六谷 後谿 T7(3)

 

 

まとめ

テニスやパソコンで腕を痛めていたとこのこと。

ご自分で置き鍼をして、腕の痛みは治ったが今度は指が痛くなってきた。

腕の痛みは、テニスなどをしても再発は無いようだった。

脊柱周囲の反応や症状から選穴した。