活法と整動鍼(せいどうしん)

 

当院では、

 整動鍼(せいどうしん)

活法(整体)

 東洋医学の考えを取り入れた鍼灸治療

 

を取り入れ、組み合わせた施術をしています。

 

どれも、痛みを伴うような強引な施術はありません。

 やさしい施術ですが、しっかりと効果を感じます。 

 


 

整動鍼(せいどうしん)

 

 

活法をもとに考え出された新しい鍼法です。

 

痛むところ局所に鍼をするのではなく、動きなどから痛みを起こしている原因をみつけてその部分に鍼をします。

原因をみつけるため、痛みを抑えるというだけでなく根本からの治療がみこまれ、痛みのでにくい身体となります

 

 

身体の流れを整えて、次第に変わっていく施術法(東洋医学をもとにした鍼灸に多い)とは違い、即効性が特徴です。少ない鍼で大きな効果を出せるため、患者様の負担も少なく優しい治療法といえます。

 

連動を整え身体の動きを滑らかにします。

 


 

 

活法(整体)

 

 

活法とは、戦国時代に生まれたとされ、救急や手当、治療などの内容が含まれたものです。

傷ついた兵士を、素早く治療し、復帰させるものということです。=即効性があるものです。

 

骨格に対してでなく、骨格を支える筋肉を調整しますので、バキボキ鳴らしたり我慢が必要な痛みを

伴うことはありませんので、ご安心ください。

 

 

施術する側が、『する』『与える』だけというものではなく、

患者様の動きを利用した内容もあります。

ご自身の治るチカラを手助けする、という考えがあてはまるものだと感じています。

 

痛みをとるだけでなく、動きを整えることで内臓の機能を高めるという効果も望めます。

 

 


 

 

東洋医学の考えを取り入れた鍼灸治療

 

経穴(ツボ)や経絡を考え、不調の原因を探り、経穴を決めていきます。

 

自律神経や内臓の調子を整え、不調を取り除き、

 

身体全体を整えます。不調が起きないからだづくりのお役に立てます。